MENU

お金借りる時は少しでも金利安いほうがお得

金融機関からお金借りる時は、たとえ実質年率0.1%でも金利安いほうがお得です。なぜなら低金利のローン商品ほど、利息の支払い負担が小さくて済むからです。ですから消費者金融のキャッシング・サービスや銀行のカードローン商品など、色々なローン商品を探す際の大きなポイントは、金利を比較することだと言えます。
ただしローン商品を利用してお金借りるためには、きちんと申し込み手続きを行うだけでは駄目です。申し込んだ後の審査に通らなければならないのです。それゆえ、もしもそれに通らなければ、1円も借りることが出来ないという残念な結果に終わってしまうこともあるのです。それがローン商品の現実なのです。
ところでローン会社が設定する金利というものは、通常、下限金利から上限金利まで、ある程度の幅を持たせてあります。たとえば「金利は実質年率4.5%から14.5%まで」といった具合にです。なぜ幅があるのかというと、実際の借り入れ金額によって適用される金利が違ってくるからです。つまり借り入れ金額が大きい場合ほど下限金利が適用され、金額が小さいほど上限金利が適用されるのです。
それゆえに貸金業者や銀行などから数万円程度のキャッシングを行うような場合は、下限金利ではなくて上限金利にこそ着目して利息の支払いに備えなければなりません。とにかくお金を借りた後の返済は、決して甘く見てはいけません。事故など起こさないよう、安全に確実に完済することを心掛けましょう。