MENU

借入先の選び方

カードローンでキャッシングするには、カードローン会社選びから始まります。
消費者金融や銀行カードローンと種類がありますが、まずはその違いを理解しておきましょう。
消費者金融と銀行カードローンの大きな違いは「総量規制の対象か対象外か」にあります。

 

この総量規制とは、賃金業法でお金の貸しすぎ借りすぎを防ぐために改正された法律のことです。
「賃金業者が貸付を行う場合、個人の債務の合計が年収の3分の1を超えてはならない」との定められたものが2010年に導入されました。
分かりやすく例えるなら、年収300万円の人は合計100万円を超える融資を受けられないということです。
この「賃金業者」とは、消費者金融会社や信販会社、クレジットカード会社のことを言い、銀行はこの総量規制の対象外になるので制限がありません。
改正前は無職の専業主婦や学生でも20歳を超えていれば誰でも消費者金融からの借り入れが可能でしたが、

 

改正後はどの消費者金融も借入希望者に収入がない場合の融資は行わないようになりました。
この背景には、利息額が膨らみ過ぎて借金を返せなくなり、自己破産する者が増加してしまった理由にあります。
これに比べて、銀行カードローンは総量規制の煽りを受けないので、高額融資を受けることができ、専業主婦でも借り入れができる唯一のカードローンとなりました。

 

さらに申込の際には配偶者の同意書も収入証明書も必要なく、運転免許証などの本人確認書類があればキャッシングが可能です。
審査と契約がウェブサイト上のネット完結が可能なので、来店不要で借入ができるのも大きな魅力の一つです。
そして、もう一つ消費者金融と銀行カードローンの違いとして大きいのが「金利」です。
金利を比較する時は下限金利ではなく上限金利を見ます。
最初から高額融資を受けることはできないので、始めは上限金利が適用されます。
金利は限度額や取引実績などの総合評価と連動している変動制なので、下限金利が適用されることは稀です。

 

一般的に上限金利が18%の消費者金融に比べて、平均15%を超えない銀行カードローンは低金利だと言われています。
返済期間や返済回数が多ければその分月々の支払いに負担がかかるので、金利は低いに越したことはありません。
金利の低さや収入のない専業主婦でも借りやすく配偶者に内緒にできるなどのメリットが多い銀行カードローンですが、
審査が消費者金融会社に比べて厳しめというデメリットもあります。
自分の借入条件などを考慮してしっかりとした返済計画を立ててローン会社選びをしていきましょう。

 

専業主婦でも審査が通るキャッシング
参考サイトタイトル:専業主婦カードローンMrs.|内緒で借入OK厳選安心カードローン
http://www.absalompress.com/

 

働いていない主婦でも借りることができるキャッシング会社はこちらで紹介されています。
金利が安い金融機関や即日融資が可能な借入先を知ることもできますよ。